ストーリー

STORY

 

ホーム > ストーリー

 ヘレンドの歴史

ハンガリー

創業は1826年、ヨーロッパ全土がナポレオン戦争から開放されて平和が戻り、様々な産業が各地に興り始めた頃でした。
ヘレンドはハンガリーの首都ブダペストの南西120kmほどの、緑豊かな田園風景の中で、近くには中央ヨーロッパ最大の湖、バラトン湖があります。
最初の公的デビューは1842年の第一回ハンガリー産業博覧会でしたが、作品の水準の高さにウィーンのロスチャイルド家がヘレンドに投資を始めます。その後のヘレンドに常にロスチャイルド家が見え隠れする理由です。

クリスタルパレス

1851年ロンドンで行われた世界初の世界万国博覧会でヘレンドは初めて国際的な檜舞台を踏み、そこで英国のヴィクトリア女王と出会う僥倖に恵まれます。

ヴィクトリア

女王が見初めた中国風絵柄のディナーセットはウィンザー城の食卓を飾ることになり、それが現在『ヴィクトリア』と呼ばれるパターンになりました。これを契機にヨーロッパ各地の王侯貴族の間でヘレンドが広まってゆきました。

1864年に由緒あるウィーン窯が閉窯した時、フランツ・ヨーゼフ皇帝の命で、すでにハプスブルク宮廷に出入りがあったヘレンドに『ウィーンの薔薇』が継承され、宮廷遣いの食器等を引き受けることになりました。
現在でも人気パターン『ウィーンの薔薇』はそのうちのひとつです。開窯に次ぐ第二の出発点です。

1867年のパリ万国博覧会は、日本の漆器や浮世絵などが初めて大々的に展示され、ジャポニスムが大流行のきっかけを作ったことで有名です。
ヘレンドもここで『インドの華』を出品しました。

『インドの華』はナポレオン3世妃ウージェニに気に入られ、万博視察でパリ滞在中のフランツ・ヨーゼフ皇帝をもてなすのに買い上げられて、ヘレンドにとって記念すべき年になりました。

そして1873年はウィーン万国博覧会で、日本の明治政府が初めて公式参加した博覧会でした。
日本庭園も造園され、宮大工が削ったカンナ屑を皇妃エリザベートが珍しがって持ち帰ったと言うエピソードが残されていますが、諸外国からの来訪者の多くの狙いは、伝説的な美女皇妃エリザベートをひと目見ることだったとも伝えられています。
皇妃エリザベートはハンガリーを愛し、滞在した宮殿を「ゲデレ宮殿」といい、フランツ・ヨーゼフが宮殿用に皇妃に贈った絵柄は後に「ゲデレ」と呼ばれるようになります。

こうしてヘレンドは、19世紀後半のヨーロッパを彩る三人の皇妃たちに愛され、独特の世界を築きました。特に当時各地の万国博覧会で多くの賞を獲ったヘレンドのシノワズリは、21世紀の今日、テーブルウエアからアクセサリーなどそのファッショナブルな魅力を多彩な世界で展開しています。

クラフトマンシップの真髄 〜マスター制度〜

マスター制度は15世紀南ドイツの都市で生まれました。同業の職人たちが組合を作り、技術力を基準に、その頂点にマスターの資格を設けたのです。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、デューラー、レンブラントも、こうした徒弟制度の中でのマスターたちです。
マスターになるには厳格な試験があって、その時に提出する作品が「マスターピース」です。これが親方たちに認められて晴れてマスターになります。マスターはあらゆる意味で価値の保障でした。 『Masterpiece 』は現在では、"傑作"を意味する一般用語ですが、ここに語源があります。
しかし100%手仕事の上、高い芸術的センスと職人的技術が求められる「マスター制度」は、産業革命の到来で受難の時代を迎えます。それまで手仕事で作ってきたものが、機械で作ることを意味し、製品の同質性は機械で保障されましたが、大切に伝承されてきた匠の技である切れ味や個性は失われてしまうことになるのです。

しかし、ヘレンドは機械では再現できない"匠の技"にのみ価値を見出してきました。ヘレンドは産業革命が進行する時代に誕生しましたが、選んだのは"匠の技"。あくまでも「マスター制度」にこだわったものづくりでした。
工場管理の技術などは、最新鋭の設備を完備していますが、"ヘレンドの拠り所"である価値創造の部分はすべて手作業です。工場生産システムではとっくに失われた"匠の技"が19世紀そのままのスタイルで、当たり前のように保存されています。

マスターになるには、長期間にわたる学習と修練、更に厳格なテストに合格しなくてはなりません。この厳しい難関を乗り越えてきたマスターたちが作り出す〔マスターシリーズ〕には、それぞれのマスターたちの名前が署名されています。

ペインター部門

ペインター

ペインターは現在約300名、その中から厳しい選考を経てマスターペインターは選ばれていきます。 実技選考では、3つの分野での習熟が求められ、
1. ヨーロッパ伝統の写実画
2. ペルシャに源をもつ細密画
3. シノワズリに代表される東洋画
の描写力が審査されます。

文明発祥の地、メソポタミアの嫡流ペルシャを軸として、西はヨーロッパ、東は中国、マスターペインターになるには、まさに、ユーラシア大陸の東西を結ぶシルクロードの縮図です。ここにヘレンドがその他のヨーロッパのメーカーと決定的に異なる最大の特徴を雄弁に物語っているといえるでしょう。

ポター部門

華やかなペインターの影に隠れがちなポターの確かな仕事。縁の下の力持ちのような存在です。 直径1メートルの大皿から米粒のような小物までの造形技術をもつ技術者集団です。
ポター

オープンワーク

形を作りあげるだけでなく、それに施す透かし彫りはまさに圧巻。 ヘレンドの商品には、数千の透かし彫りの窓をあけた作品もありますが、まるで昔の中国の象牙細工を思いおこさせます。

ポター

手ひねり

普段は何気なく使っているポットの蓋についているつまみの薔薇が、ひとつひとつ丁寧に手捻りで造られていることをご存知でしょうか。熟練したポターの指先から蝶のように花びらが舞いだして、それらがみるみる満開の薔薇の花になる。そのすべてが静かなアトリエの中で当たり前のように進行するのは、ヘレンドの伝統の証です。

ポター

スパゲッティワーク

スパゲッティのように長い紐を作り、まるで魔法のように組み合わせて作ってゆくスパゲッティワークは、ヘレンドの得意技です。その繊細な技術で造られたバスケットなどの作品は、手作業でなくてはできないもの。小さなトレイから大きなものまで、素早く熟練したヘレンドポターの技が光ります。

このような"匠の技"が結集したヘレンドの様々な造形力によって、ペインターたちがその技術を心おきなく発揮できる素晴らしい舞台として準備されてゆきます。

東西が交差した独特の文化

東西が交差した独特な文化

East meets West

これは19世紀のデザインの運動を推し進めたウィリアム・モリス(1834-1896画家・工業デザイナー・作家・詩人・社会主義運動家)の有名な言葉ですが、ヘレンドのDNAの中にはこの西と東の両方の文化、価値観、美意識が内包されています。

ヘレンドは伝統の継承にこそ自社の存在理由があると考え、しかもその伝統とは、ヨーロッパだけではなく、イスラムや東洋との価値や文化の交流から生まれたものであることを自らの経験として知っています。特に日本の豊かな食文化とそれを飾る器のハーモニーが世界中から熱い視線を浴びていることに早くから着目してきました。

東西が交差した独特な文化

白く透明度の高い磁器の素肌に、独特な絵付けとフォルムを持ったヘレンドはその手仕事ゆえに、今や大切な存在となりました。ヘレンドはまさに、ヨーロッパの洗練とエレガントさそして東洋の繊細で豊かな味わいが出会い生み出された磁器なのです。

PAGE TOP